« 基準地価、三大都市圏で5年ぶり上昇 7月時点! | トップページ | 事務所通信 11月号 »

黒字申告割合は27.4%と2年連続上昇!


  国税庁は、このほど法人税、復興特別法人税、源泉徴収に係る所得税及び復興特別所得税の申告(課税)事績をまとめた「平成24事務年度 法人税等の申告(課税)事績の概要」を公表しました。
 これによると、法人税の申告所得金額の総額は45兆1,874億円で、その申告税額の総額は10兆105億円と、前年度に比べ、それぞれ7兆8,991億円(21.2%)、4,753億円(5.0%)増加し、3年連続増加となっています。
 また、黒字申告をした法人の割合は27.4%となり、前年度に比べ1.5ポイント増加し、2年連続の上昇となっています。

項 目  23年度 
件数等
24年度
件数等
前年対比 
 申告件数   千件    2,763   2,761     99.9
 黒字申告割合  %     25.9    27.4      1.5

その主な内容(主な見出し等)は、以下のとおりです。

1.平成24年度における法人税の申告事績の概要
  ○申告所得金額、申告税額ともに3年連続増加
  ○黒字申告割合は27.4%と2年連続上昇
    (前年度 比1.5ポイント増)
  ○法人税申告の電子申告件数は、1,639千件とな
    り、前事務年度に比べ、117千件(7.7%)増加。
2.平成24年度における法人税等の申告事績
  ○法人数は、2,977千社から2,985千社へ増加。
  ○連結法人数は10,779社から11,771社に増加
   (109.2%)、また、親法人数も1,288社から
    1,450社に増加(112.6%)。
  (連結法人の黒字申告割合は50.0%(前年度比
   14.8ポイント増))
3.平成24事務年度における源泉所得税等の課税事績 の概要
  ○源泉所得税等の税額は3年連続の増加

詳細は、下記のHPをご覧下さい。
www.nta.go.jp/kohyo/press/press/2013/hojin_shinkoku/hojin_shinkoku.pdf


 
 アベノミクスの影響でしょうか?
 企業業績が回復している傾向を反映した結果になりました。

 この統計資料は約276万社の申告資料に基づくもので、中小企業にとっても大きい傾向を把握する上で一つの参考資料になることは間違いありません。
 ご参考にされ、明日からの経営に、生かして頂きたいと思います。

 しかし、詳細な他社比較で一番頼りになる資料は、なんといっても
『TKC経営指標』 です。
 
 www.tkc.jp/clientcompany/bast/

 こちらの方もご参考にして下さい。・・・・(^_^;)






|

« 基準地価、三大都市圏で5年ぶり上昇 7月時点! | トップページ | 事務所通信 11月号 »

ニュース&トピックス」カテゴリの記事