« 事務所通信 4月号 | トップページ | 4月から制度・暮らしこう変わる! (主に負担の増減を中心に説明しています) »

公示地価、三大都市圏6年ぶり上昇、全国下げ幅縮小!

 国土交通省は18日、今年1月1日時点の公示地価を発表した。三大都市圏(東京、大阪、名古屋)は住宅地が前年比0.5%、商業地が1.6%上がり、リーマン・ショック前の2008年以来6年ぶりに上昇した。地方圏は下落したが、下げ幅は縮小。 全国平均は住宅地が0.6%、商業地が0.5%の下落となり、4年連続で下げ幅が縮まりました。
 同省は、安倍政権の経済政策「アベノミクス」による景気回復で、大都市を中心に不動産取引が活発化したためと分析しています。

<圏域別・用途別対前年変動率>
                   (変動率、単位:%)

用途別

圏域別・地域別

 住宅地   商業地 
 平成25年  平成26年  平成25年  平成26年
 東京圏 △ 0.7  0.7 △ 0.5  1.7
 大阪圏  △0.9  △0.1  △0.5  1.4
 名古屋圏  0.0  1.1 △ 0.3  1.8
三大都市圏平均  △0.6  0.5  △0.5  1.6
 地方平均 △ 2.5  △1.5 △ 3.3 △ 2.1
 全国平均  △1.6  △0.6 △ 2.1  △0.5
※△は下落です。
(注)・3大都市圏の範囲 東京圏は東京都区部全域と多摩地区、神奈川県・千葉 県・埼玉県・茨城県の一部。大阪圏は大阪府全域と兵庫県・京都府・奈良県の一部 。名古屋圏は愛知県と三重県の一部。地方圏は3大都市圏を除く範囲。

(1)3大都市圏全体では、商業地は東京、大阪、名古屋がいずれも上昇。住宅地は東京、名古屋が上昇したが、大阪は0.1%下落しました。

(2)地方圏では、住宅地が1.5%下落(前年は2.5%下落)、商業地が2.1%下落(同3.3%下落)で、ともに22年連続で下落したが、下げ幅は前年より縮小しました。

 全国平均では、住宅地が前年より0.6%減、商業地が0.5%減、工業地などを含む全用途が0.6%減と、いずれも6年連続で前年を下回った。
 地価のピークだった1991年と比べると、住宅地の価格は約半分、商業地は約4分の1の水準にとどまる。

 ・東日本大震災の被災地では、復興事業による土地の需要増を背景に、住宅地では宮城県が2.5%上昇(前年は1.4%上昇)と2年連続で都道府県別のトップとなり、福島県も1.2 %上昇(同1.6%下落)に転じた。宮城県石巻市の高台は上昇率が15.1%で、3年連続で住宅地の上昇率で全国1位だった。

 (3)大阪圏の概況、大阪圏の商業地は、1.4%上昇(前年は0.5%下落)と下落に歯止めがかかったが、東 京圏、名古屋圏の上昇率を下回った。また、上昇地点は全体の50.3%を占めたが、こちらの方も東京圏、名古屋圏を下回った。鈍い回復というところでしょうか

 (4)大阪府では
  商業地は6年ぶりに上昇し、1.9%(前年は、0.5%下落)上昇です。住宅地は0.2% 下落(前年は、0.9%下落)。6年連続の下落だが、率は4年続いて縮小しました。
  また、商業地では上昇地点が半数を超えました。

 (5)大阪市では
 住宅地、商業地共にそれぞれ0.1%(前年は、0.6%下落)、3.6%(前年は、0.1%下落)上昇しました。
 商業地では、西区と天王寺区が、市内最高の6.0%上昇です
住宅地では、中央区の2.9%上昇が最高です。

※.「公示価格」とは、
 国土交通省が地価公示法に基づき、毎年公表する1月1日時点の全国の土地価格です。
 土地を更地の状態とみなして、不動産鑑定士が評価し、国交省の土地鑑定委員会が価格を判定します。
 価格情報を開示して土地取引を円滑にするのが狙いです。公示地価、基準地価のほかに国税庁が8月に発表する路線価があります。

(2014年3月19日日本経済新聞、読売新聞、毎日新聞などより)


※詳細は、下記HPをご覧ください。
 平成26年地価公示(平成26年1月1日時点)の公表
 平成26年地価公示(基準日:平成26年1月1日)

※.大阪については、下記のホームページご覧ください。
 大阪府地価情報ホームページ
 http://www.pref.osaka.jp/yochi/chika/


 
 今年の公示地価は、「アベノミクス」による景気回復や金融緩和政策の影響、消費増税前の駆け込み需要などで、大都市を中心に不動産取引が活発となり、地価の下げ止まりが鮮明になっています。
 
 今後の地価動向についてはどうなるのでしょうか?
 専門家も意見が分かれているようです。

 「アベノミクス効果によって住宅購入の勢いは堅調で、急激に市場が悪化する気配はなく、地価は今後、右肩上がりの緩やかな形で上昇していくのではないか」という楽観的な意見と

 「4月以降は駆け込み需要の反動でかなり落ち込むと考えられ、地価も今の上昇ペースが鈍ったり、足踏み状態になったりする心配がある」という慎重な見方に分かれます。

 さて、あなたの予測は如何でしょうか?
















|

« 事務所通信 4月号 | トップページ | 4月から制度・暮らしこう変わる! (主に負担の増減を中心に説明しています) »

ニュース&トピックス」カテゴリの記事