« 事務所通信 4月号 | トップページ | 平成28年度予算・税制改正関連法成立! »

2016年公示地価、8年ぶり上昇=三大都市圏は3年連続!

 国土交通省は22日、今年1月1日時点の公示地価を発表した。景気の回復基調を反映し、全国平均(全用途)が前年比0.1%上昇し、08年以来8年ぶりに前年比でプラスに転じた。
 三大都市圏(東京、大阪、名古屋)は住宅地、商業地とも3年連続で上昇した。住宅地が前年比0.5%、商業地が2.9%上昇。
 地方圏では、住宅地が0.7%、商業地が0.5%の下落となり、2008年以降で下落幅は最小となったが、依然として下落基調です。
 同省は「外国人観光客の増加で店舗の収益性やホテル需要が高くなったことや、都市部でオフィスの空室率が低下したことなどが要因」と分析しています。

<圏域別・用途別対前年変動率>
                 (変動率、単位:%)
 用途別   住宅地  商業地
 圏域別・地域別  平成27年  平成28年  平成27年  平成28年
 東京圏   0.5  0.6  2.0  2.7
 大阪圏  0.0  0.1  1.5  3.3
  名古屋圏   0.8  0.8  1.4  2.7
 三大都市圏平均   0.4  0.5  1.8  2.9
 地方圏  △1.1 △ 0.7 △ 1.4 △ 0.5
 全国平均  △0.4 △0.2   0.0  0.9
※△は下落です。
(注)・三大都市圏とは、東京圏、大阪圏、名古屋圏をいう。地方圏とは、三大都   市圏を除く地域をいう。


(1)3大都市圏全体の平均は、商業地、住宅地ともに3年続けて上昇しました。
 東京、大阪、名古屋すべてで、上表のとうり上昇しました。

(2)地方圏では、全体の6割強の調査地点が値下がりし、地価下落が続いています。
  具体的には、住宅地が0.7%下落(前年は1.1%下落)、商業地が0.5%下落(同1.4%下落)で、ともに24年連続で下落したが、下げ幅は前年より縮小しました。

 全国平均では、住宅地が前年より0.2%下落しましたが下落率は6年連続で縮小しました。一方、商業地が0.9%と、8年ぶりに値上がりに転じたことが今回の特徴です。

(3)大阪圏の概況、大阪圏の商業地は、3.3%上昇(前年は1.5%上昇)、東京圏、名古屋圏の上昇率を上回っています。

(4)大阪府では、大阪府の商業地が3年連続で上昇し、上昇率4.2%と全国都道府県で1位でした。
  住宅地は8年ぶりに下落を脱し、横ばいとなりました。
 都心のマンション需要の高まりで大阪市の中心部が上昇しました。0.1%上昇(前年は、0.0%横ばい)。

(5)大阪市では、心斎橋筋が、全国トップの45.1%の上昇となりました。
 住宅地、商業地共にそれぞれ0.5%(前年は、0.3%上昇)、7.8%(前年は、3.5%上昇)上昇しました。
 商業地では、中央区が、市内最高の12.8%上昇です
 住宅地では、浪速区の5.0%上昇が最高です。

※.「公示価格」とは、
 国土交通省が地価公示法に基づき、毎年公表する1月1日時点の全国の土地価格です。
 土地を更地の状態とみなして、不動産鑑定士が評価し、国交省の土地鑑定委員会が価格を判定します。
 価格情報を開示して土地取引を円滑にするのが狙いです。公示地価、基準地価のほかに国税庁が8月に発表する路線価があります。
(2016年3月23日日本経済新聞、読売新聞、毎日新聞などより)


※詳細は、下記HPをご覧ください。 

 平成28年地価公示について
 平成28年地価公示(平成28年1月1日時点)の公表
 大阪府地価情報ホームページ

 
 今回の特徴は、「商業地」の全国平均が去年と比べ0.9%の上昇と、8年ぶりに値上がりに転じたことです。
 この値上がりは都市部で著しく、「3大都市圏」では2.9%の上昇、「地方中枢都市」では「3大都市圏」を上回る5.7%の上昇となりました。
 これは、低金利効果でお金が不動産市場に流れ込んでいることに加え外国人観光客の増加などに伴う店舗やホテルの需要拡大を背景に、繁華街を中心に値上がり地点が広がったことなどが、主な要因です。

 一方、「住宅地」の全国平均は、去年と比べ0.2%の下落となりましたが、下落率は6年連続で縮小しました。
 ただ、都市部で地価の上昇が進んだ一方、(「3大都市圏」と「地方中枢都市」を除いた)「地方」は平均で、住宅地が1%、商業地が1.3%値下がりし、「地価は二極化」の傾向が続いています。

 今後については、しばらくはこの状態が続くものと思われますが、景気回復とも関連し、場合によっては将来は反動の可能性も考えられます。 
 

 少子高齢化、人口流出などを踏まえ、地方都市での定住者・消費者の増加を促す魅力的な施策が期待されます。
 地方都市の各自治体のプランづくり、そして、省庁間の連携が問われています。

 皆様は、どう考えられますでしょうか?



|

« 事務所通信 4月号 | トップページ | 平成28年度予算・税制改正関連法成立! »

ニュース&トピックス」カテゴリの記事