« 10月からこう変わる ! | トップページ | 事務所通信 11月号 »

基準地価、商業地9年ぶり下げ止まり、二極化も!

 国土交通省が20日に発表した2016年7月1日時点の基準地価は、商業地の全国平均がほぼ横ばいに転じ、9年ぶりに下落が止まったと発表しました。外国人観光客が増え、店舗やホテル用の地価が上がり、また、マイナス金利を受けた不動産投資が地方に波及し、札幌、仙台、広島、福岡4市の商業地上昇率は6.7%と三大都市圏の2.9%を上回りました。

 全国平均(全用途)は0.6%下がり、下落率は前年比0.3ポイントで、いずれも25年連続のマイナスだが、7年連続で下げ幅を縮めた。

 用途別では住宅地が0.8%の下落、商業地は0.005%の若干の上昇となった。

 地方圏の下落率(同)は1.2%と縮小したが、人口減が進む地域の住宅地や商業地は下落が続いている。上昇地点は、前年の1,764地点から2,016地点(住宅地が1,328地点、商業地、617地点)に増えました。地方圏では下げ止まりつつあるようです。

1.三大都市圏の概況
 三大都市圏では、住宅地は0.4%上昇、商業地は2.9%の上昇です。それぞれ3年、7年連続の上昇です。全用途では、昨年の0.90%から今年は1.0%の上昇でほぼ横ばいです。
 日銀のマイナス金利政策などを背景に潤沢な投資マネーが三大都市圏(東京、大阪、名古屋)だけでなく地方中核都市の不動産需要も押し上げた。一方で景気の不透明感は根強く、大量供給が見込まれる東京都心部の物件などは今後、厳しい選別の目にさらされることになる。(佐久間修志)

(1)東京圏の商業地は、昨年の2.3%の上昇から、今年も2.7%の上昇。住宅地も、昨年の0.5%の上昇から今年も0.5%の上昇です。

2)大阪圏全体では0.85%の上昇となりました。上昇地点の割合も増加し、半数以上の地点が上昇となっています。
 商業地は、昨年の2.5%の上昇から、今年は3.7%の上昇。住宅地は、昨年の横ばいから、今年も横ばいです。住宅地は、2年連続の横ばいとなりました。

 大阪府の地価は、住宅地は0.0%と、3年連続の横ばい、商業地はプラス4.7%(前年はプラス 3.6%)と、4年連続の上昇となり、上昇幅は拡大しました。

 大阪市の商業地は前年6.12%の上昇から今年は8.09%の上昇です。
 市内中心部で、外国人観光客の増加により店舗・ホテルの需要が旺盛であり、また、オフィス空室率の低下を受け、投資需要は堅調であるとともに、マンション素地としての需要も旺盛で、上昇幅が昨年より拡大した。
 一方、住宅地は、前年、今年とも0.5%の上昇です。

 我が港区は、住宅地が0.4%、0.2%の2年連続下落で、商業地が0.0%の横ばいから0.7%の若干の上昇です。

3)地方圏は、全用途平均で1.2%下落ですが、下げ幅は前年の1.5%より縮まり5年連続の縮小です。
 (住宅地が1.2%のマイナスで24年連続の下落、商業地が1.1%のマイナスで25年連続の下落です。)
地方圏はでは、下げ止まり、上昇傾向が広がりつつあるようです。
     2016年基準地価の変動率(%)
   住宅地  商業地  全用途
全国平均   ▲0.8 (▲1.0)  0.005 (▲0.5)  ▲0.6 (▲0.9)
 三大都市圏   0.4 (0.4)   2.9 (2.3)  1.0 (0.9)
 東京圏   0.5 (0.5)   2.7 (2.3) 1.1 (1.0)
 大阪圏  0.0 (0.0)   3.7 (2.5)  0.8 (0.6)
 名古屋圏  0.5 (0.7)   2.5 (2.2)   1.1 (1.1)
 地方圏  ▲1.2 (▲1.5)  ▲1.1 (▲1.6)  ▲1.2 (▲1.5)
(注)7月1日時点、前年比、カッコ内は前年、▲は下落
 (2016.9.20日経、毎日、読売新聞など参照 )

☆ 三大都市圏などの定義は、こちらをご覧下さい
 http://tochi.mlit.go.jp/chika/chousa/2016/index.html

※.基準地価とは、土地取引の目安となる指標の一つで、都道府県が不動産鑑定士の評価を参考に調査する毎年7月1日時点の全国の土地価格のことで、国土交通省が例年9月に公表し、民間企業などの土地取引の目安になっています。  
 今年の調査地点は合計で2万1675地点。地価の指標には、このほかに公示地価(1月1日時点)や、路線価(1月1日時点)があります。


 
 時系列で、地価公示(1月1日時点)と基準地価(7月1日時点の調査)との共通地点で半年毎の地価動向を見れば、いずれの圏域においても、住宅地は、前半・後半ともに同程度の上昇、商業地は年後半に上昇幅が拡大しています。
 
 
このほか、調査地点は少ないが速報性に優れている地価動向報告もあります。 主要都市の中心部の地価を先行して把握するための指標です。 
 基準地価では外国人観光客の増加などによる都市部の地価上昇が目立ったが、こちらの資料ではすでに変化の兆しが出ているのかもしれません。


 さて、皆様は、どう判断され、感じられましたでしょうか?

 基準地価などについての詳細は、下記HPをご覧下さい。
  http://tochi.mlit.go.jp/chika/chousa/2016/index.html 
  http://tochi.mlit.go.jp/chika/kouji/2016/
  地価だより
  http://tochi.mlit.go.jp/kakaku/chika-look




|

« 10月からこう変わる ! | トップページ | 事務所通信 11月号 »

ニュース&トピックス」カテゴリの記事