« 事務所通信 4月号 | トップページ | 事務所通信 5月号 »

2017年の公示地価、商業地2年連続上昇、住宅地も下げ止まりか!

国土交通省は21日、2017年の公示地価(1月1日時点)を公表しました。
 住宅地の全国平均は前年から横ばい(0・022%上昇)で、9年ぶりに下げ止まった。ただ、地方を中心に、まだ全調査地点の4割超で値下がりが続きます。都市部への移住が進み、特に駅の近くなど利便性の高い場所が値上がりして地価全体を押し上げています。
 一方、商業地の全国平均は1・4%上がった。上昇は2年連続。訪日客に人気の地点で値上がりが目立ち、買い物客が多い東京・銀座や大阪・道頓堀、名古屋・名駅、有名観光地の京都・八坂神社近辺などは3~4割の上昇率だった。
 すべての地価の全国平均は0・4%上昇。07、08年以来の2年連続の値上がりだが、上昇率は08年の1・7%より小さい。
 三大都市圏を除く地方圏は商業地がマイナス0・1%、住宅地がマイナス0・4%。ともに25年連続の下落だが、マイナス幅は7年連続で縮小しました。


   用途別      住宅地       商業地  
 圏域別・地域別  平成28年 平成29年  平成28年  平成29年 
       東京圏      0.6      0.7     2.7      3.1
      大阪圏      0.1      0.0     3.3      4.1
    名古屋圏       0.8      0.6     2.7      2.5
 三大都市圏平均     0.5      0.5     2.9      3.3
       地方圏    △0.7    △0.4   △0.5     △0.1
     全国平均      0.2    0.022     0.9      1.4
※△は下落です。
(注)・三大都市圏とは、東京圏、大阪圏、名古屋圏をいう。地方圏とは、三大都市圏を除く地域をいう。


(1)3大都市圏全体の平均は、商業地、住宅地ともに4年続けて上昇しました。
 東京、大阪、名古屋すべてで、上表のとうり、上昇しました。

(2)地方圏では、住宅地が0.4%下落(前年は0.7%下落)、商業地が0.1%下落(同0.5%下落)で、ともに25年連続で下落したが、下げ幅は前年より縮小しました。
 全国平均では、住宅地が前年より僅かですが0.022%上昇し、下げ止まりの状況です。
 一方、商業地が1.4%と、2年連続上昇しました。

(3)大阪圏の概況、大阪圏の商業地は、3.3%上昇(前年は2.9%上昇)、東京圏、名古屋圏の上昇率を上回っています。
(4)大阪府では、大阪府の商業地が4年連続で上昇し、上昇率5.0%(前年は4.2%上昇)と2年連続トップです。
  住宅地は昨年と同様に横ばいとなりました。

(5)大阪市では、中央区道頓堀が、全国トップの41.3%(前年は45.1%上昇)の上昇となりました。
 住宅地、商業地共にそれぞれ0.5%(前年も、0.5%上昇)、9.0%(前年は、7.8%上昇)上昇しました。
 商業地では、中央区が、市内最高の14.4%(前年は12.8%上昇)上昇です
 住宅地では、浪速区の7.5%(前年は5.0%上昇)上昇が最高です。

※.「公示価格」とは
 国土交通省が地価公示法に基づき、毎年公表する1月1日時点の全国の土地価格です。
 土地を更地の状態とみなして、不動産鑑定士が評価し、国交省の土地鑑定委員会が価格を判定します。
 価格情報を開示して土地取引を円滑にするのが狙いです。公示地価、基準地価のほかに国税庁が8月に発表する路線価があります。
 (2017年3月22日、日本経済新聞、読売新聞、毎日新聞などより)

※詳細は、下記HPをご覧ください。 
 平成29年地価公示(平成29年1月1日時点)の公表
 平成29年地価公示
 tochi.mlit.go.jp/chika/kouji/2017/index.html
  大阪府地価情報ホームページ
 www.pref.osaka.lg.jp/yochi/chika/koji.html


 今回の特徴は、全国平均が2年続けて上昇し、緩やかな回復基調が鮮明になった。ということでしょうか?

 住宅地の価格の下げ止まり基調が鮮明になってきました。
 全用途は0.4%プラスと2年続けて上昇しましたが、地方への波及が息長く続くかが焦点です。

 通勤や買い物に便利な駅から徒歩圏内の地価が上がり、駅から離れた不便な場所の地価は下がるという二極化が全国的に拡大。けん引役が地方にも増えたのが大きい。
 ただ回復の勢いは緩やかです。

 また、全国の商業地の上昇率上位10地点のうち1~5位を大阪市中心部の地点が占めました。
 訪日客の拡大が主因です。

 しかし、回復の勢いは緩やかで、資産価格の上昇が消費を押し上げる好循環はまだまだのようです。

 皆様は、どう考えられますでしょうか?


















|

« 事務所通信 4月号 | トップページ | 事務所通信 5月号 »

ニュース&トピックス」カテゴリの記事