« 事務所通信 10月号 | トップページ | 事務所通信 11月号 »

基準地価27年ぶり上昇 商業地3年連続!

国土交通省が18日発表した2018年7月1日時点の基準地価は、前年比で27年ぶりの上昇に転じました。訪日客需要を見込んだ店舗やホテルの建設が進み、各地方の中核都市がけん引役となって商業地が3年連続でプラス。住宅地は下落だが、低金利などを背景に改善が続いています。バブル崩壊以降、地価はマイナス圏で推移してきたが、資産デフレの解消に向けて緩やかに前進しています。
 
全国の林地を除いた宅地(全用途)は前年に比べて0.1%上昇。1991年以来のプラスとなりました。

用途別では住宅地が0.3%の下落、商業地は1.1%の上昇です。

地方圏の下落率(同)は0.6%と縮小しています。

地価の上昇傾向が続いている現状について、国交省は「転売目的による上昇ではなく、実需に支えられたものだ」と分析する。ただ、住宅地で全国1万4634地点のうち、約55%が下落。都市部も地方も二極化の傾向が続いています。

1.三大都市圏の概況
三大都市圏では、住宅地は0.7%上昇、商業地は4.2%の上昇です。それぞれ4年、8年連続の上昇です。全用途では、昨年の1.2%から今年は1.7%の上昇です。
上昇の大きな要因は増え続けている訪日客だ。17年には過去最高の2869万人となり、全国各地で買い物や宿泊などの需要を生み出している。その恩恵を受ける店舗やホテルなどの立つ商業地は全体で1.1%の上昇。

1)東京圏では、商業地は、昨年の2.7%の上昇から、今年も4.0%の上昇。住宅地も、昨年の0.5%の上昇から今年は1.0%の上昇です。

2)大阪圏全体では1.4%の上昇となりました。上昇地点の割合も増加し、半数以上の地点が上昇となっています。
 商業地は、昨年の4.5%の上昇から、今年は5.4%の上昇。住宅地は、昨年の横ばいから、今年は0.1と若干の上昇です。

大阪府の地価は、住宅地は0.2%と、10年ぶりに上昇、商業地も5.7%(前年は 5.0%)と、5年連続の上昇となり、上昇幅は拡大しました。
大阪市の商業地は前年8.0%の上昇から今年は8.4%の上昇です。
市内中心部で、外国人観光客の増加により店舗・ホテルの需要が旺盛であり、また、オフィス空室率の低下を受け、投資需要は堅調であるとともに、マンション素地としての需要も旺盛で、上昇幅が昨年より拡大した。
 一方、住宅地は、今年は0.6%(前年0.5%)の上昇です。

 我が港区は、住宅地が0.5%(昨年0.3%)の2年連続上昇で、商業地が昨年と同じ1.1%の上昇です。

3)地方圏は、全用途平均で0.6%下落ですが、下げ幅は前年の0.9%より縮まり6年連続の縮小です。
 (住宅地が0.8%のマイナスで25年連続の下落、商業地が0.1%のマイナスで26年連続の下落です。)
  地方圏はでは、下げ止まり、上昇傾向が広がりつつあるようです。

2018年基準地価の変動率(%)
    住宅地  商業地  全用途
 全国平均  ▲0.3 (▲0.6)  1.1 (0.5)  0.1 (▲0.3)
 三大都市圏   0.7 (0.4)   4.2 (3.5)  1.7 (1.2)
 東京圏  1.0 (0.6)  4.0 (3.3)  1.8 (1.3)
 大阪圏  0.1 (0.0)  5.4 (4.5)  1.4 (1.1)
 名古屋圏  0.8 (0.6)  3.3 (2.6)   1.5 (1.2)
 地方圏  ▲0.8 (▲1.0)   ▲0.1 (▲0.6)  ▲0.6 (▲0.9)
(注)7月1日時点、前年比、カッコ内は前年、▲は下落
 (2018.9.19日経、毎日、読売新聞など参照 )

.基準地価とは、土地取引の目安となる指標の一つで、都道府県が不動産鑑定士の評価を参考に調査する毎年7月1日時点の全国の土地価格のことで、国土交通省が例年9月に公表し、民間企業などの土地取引の目安になっています。 今年の調査地点は合計で2万1578地点。地価の指標には、このほかに公示地価(1月1日時点)や、路線価(1月1日時点)があります。


 今年の基準地価で、全国の商業地トップ10地点のうち、京都市が5地点を占めました。
 京都は、墓参りで年に2、3回は行くので、全国2位の八坂神社前の四条通りを通ります。確かにインバウンド(訪日外国人)が多く、歩くのも大変です。
 でも、9月中頃行った時は、台風の影響か少なかったです。

 京都だけでなく日本全体が、いい悪いは別にしても、訪日外国人の影響を受け地価だけでなく、ビジネス、生活環境などにも影響を及ぼしています。
 これが、日本の現状で、ビジネスでは追い風に乗って拡大するのが大勢ですが、一方、生活者の観点から見れば静かな環境が段々少なくなっています。
 これでいいのでしょうか?
 ふと、そんなことを考えてしまします。

 さて、皆様は、どう判断され、感じられましたでしょうか?


 基準地価などについての詳細は、下記HPをご覧下さい。
  全国の全用途平均が27年ぶりの上昇に
  ~平成30年地価調査の結果を公表~

  公表資料(PDF形式)



|

« 事務所通信 10月号 | トップページ | 事務所通信 11月号 »

ニュース&トピックス」カテゴリの記事